下田市の話題や最新情報

下田市の話題や最新情報

1.出席停止期間の基準 幼稚園旨報告たころ学校保健安全法

1.出席停止期間の基準 幼稚園旨報告たころ学校保健安全法。今年3月に発売された新薬のゾフルーザは1回の投薬で治療が終了する。4歳の女の子の母親
12日インフルエンザ診断されて病院インフルエンザ新薬のソフルーザの錠剤処方され、子供飲ませ 熱まだあるの、病院解熱て2日 経てば幼稚園登園て大丈夫よ、言われ 幼稚園旨報告たころ、学校保健安全法の基準で、解熱後3日経過(幼児のみ基準)、発症5日経過、両方満たていない登園出来ません言われ 調べる新薬のソフルーザウイルスの増殖抑えられるのこ 登園基準関て、医師伝えられたの間違っている、いうこなのでょうか 新薬だまだ広まっていなくて、幼稚園の認識誤っているいうこなのでょうか 医療関係者の方、お薬お詳い方、ご存知でたらご教示ください

どうぞよろくお願います 1.出席停止期間の基準。子どもたちが集団生活を営んでいる学校や幼稚園?保育所は。季節性
インフルエンザに代表されるように特に飛沫感染をするこれまでの学校保健
安全法施行規則に規定されていた学校感染症の種別やそれぞれの出席停止期間の
基準のなかには。髄膜炎菌性髄膜炎は。我が国での発生報告はわずかでこれ
まで特段の規定はされていませんでしたが。発症した場合はの出席停止期間は
。「発症した後五日を経過し。かつ。解熱した後二日を経過するまで幼児に
あっては。三日」と

幼稚園旨報告たころ学校保健安全法の基準で解熱後3日経過幼児のみ基準発症5日経過両方満たていない登園出来ません言われの画像をすべて見る。学校。出席停止は。学校保健安全法第条で「校長は感染症にかかっており。かかって
いる疑いがあり又はかかるおそれのある児童学会 予防接種?感染症対策委員会
年月改訂版を抜粋して「学校。幼稚園。保育所で予防すべき感染症」を
掲載しています。幼児においては。発症した後日を経過し。かつ解熱した後
日を経過した後。麻疹, -日, 空気感染。接触感染, 解熱後日経過した後
腸管出血性大腸菌感染症, 時間-日, 経口感染, 感染のおそれがないと認められた

今年3月に発売された新薬のゾフルーザは1回の投薬で治療が終了する。ゾフルーザによってインフルエンザウイルスの遺伝子の増殖が抑制されるため24時間くらいでウイルス量が1万分の1くらいに減少する。2日もすると症状が消失する優れた薬効がある。一方で文科省の対応は従来どうりのタミフルやリレンザなどの古い抗ウイルス薬の対応のままになっていて「発症から5日でかつ解熱後2日幼児は3日」の基準で出席登園停止になっているままだね。全員がゾフルーザの治療をするわけではないのでこの辺はやむおうえないところだね。最低5日位は自宅でのんびりするしかない。治療法によって出席停止の日数を変えると不平等な差別になる。ゾフルーザの治療した子は2日の出席停止。タミフルの治療をした子は5日の出席停止。抗ウイルス薬を使わない子は7日の出席停止。???というわけにはいかない。幼稚園では他のお子様も預かっているので新薬では2日でもやはり様子を見てその日数なのではないでしょうか?逆に考えてみてください質問者さんのお子様がインフルエンザにかかっていない状態で同じクラスのインフルエンザにかかったお子様をもつお母様が幼稚園は3日って言ったけど病院では2日って言われたからと通園してきたって言ったら安心できますか?つまりそういうことではないのでしょうか

  • 距離を置く=別れる 距離置いている時に彼女からLINEは
  • 食事マナー 食事中食べる手と反対の手をテーブルや食器に添
  • 危険SoftBank 現在ソフトバンクAirを使用してま
  • 上杉景勝隆景死後 至急上杉景勝の特技は何だったのでしょう
  • 失敗しない なので電源ケーブルやスピーカーなどの配線を別


  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です