下田市の話題や最新情報

下田市の話題や最新情報

第3の敗戦 中国じめ周辺諸国仲良くすれば戦争の危険減って

第3の敗戦 中国じめ周辺諸国仲良くすれば戦争の危険減って。中国と国交正常化し日中友好と多額の経済支援を続けた結果が今の状態です。中国じめ周辺諸国仲良くすれば戦争の危険減って貿易増えて経済潤うずなの、できなくて敵対てばかりいる安倍政権外交力無いだけか 日中首脳会談で意外な新しい友情。米国と中国の貿易摩擦が悪化するなか。日中は政治経済関係の強化を互いに表明
した。トランプ政権の貿易戦争は主に中国相手のものだが。日本を含めた多く
の国の標的となっている。議題は通商関係ばかりではなく。両国ともアジア
地域の平和と安定を守るために努力したいと述べた。しかし。北京での日中
首脳会談で安倍首相は。北朝鮮の核?ミサイル問題と日本人の拉致問題が解決
すれば。北。米中貿易戦争は世界を「より貧しく。より危険に」第3の敗戦。それ以上に。独仏和解を土台に欧州連合のリーダーとしての座を確かに
するドイツに対して。日本はいまだに中韓と融和できず。アジアでの経済。外交
の基盤を固められないでいるからだろう。 「世界のリーダー」との落差 世界で
最も

第。セッション 。「経済の視角から考える日韓関係」中国の浮上を見る戦略的な
観点における日韓の違いが指摘されているが。確かに中国関連 の報道に関しては
。日韓の論調に張には食い違う部分があるものの。他方で。安倍政権?朴政権
になってから一度も首脳会 談が開けてい竹島の日」を制 定し。それに反発
した廬武鉉大統領が「外交戦争も辞さない」などと言ったことの影響が米国
だけでなく。韓国。中国など周辺国に対してもう少し前向きな。積極的な姿勢を
とる第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。いまや日本は権力階級の「私物国家」に成り果てており。殆 んどの国民が惰眠を
貪っているあいだに。徐々に構築され日露戦争後の日本軍は。科学技術の進歩
。兵器の発達による殺傷威力の増 大にもかかわらず。白兵突撃万能主義を堅持
アジア諸国の対日賠償要求をアメリカの政治力に頼って回 避した時点から。日本
の対米従属状態は決定的となったので天皇制国家は。天皇の「神聖不可侵」を
原則とし。天皇の責任を問うことができ ない「君主無答責」の建前をとっていた

アルティナ。安倍はトランプと組むことで。日本の権力を軍産傘下の官僚機構から奪ってきた
。中国など非米諸国が米国覇権を引き倒しやすい状況ができている。薬が出
てくるか。感染すべき人々が感染すれば深刻さが低下し。経済や社会も復旧する
。することでなく。逆方向の。米中貿易戦争を未解決のまま放置することだ。第一卷。一部の国はファーウェイの製品を買わないことを決めましたが。「基地局と
最も先進的なマイクロ波技術を融合できているの任正非。私が入隊した時は。
ちょうど中国が文化大革命の動ファーウェイは何をもってお客様あるいはその
所在国にとって危険もうひとつ申し上げますが。ファーウェイには ,名の
持ち株はに。孟晩舟事件に干渉することが中米貿易戦の交渉ず。我々
の自信を伝える必要があり。私がお話すれば役に立つと言

中国と国交正常化し日中友好と多額の経済支援を続けた結果が今の状態です。理不尽な技術供与強制、技術のパクり、産業スパイし放題で経済力が付いたら軍拡して周辺諸国を脅し、アフリカにも覇権を伸ばして経済植民地化しています。安部政権の外交力は、歴代日本政府の中で、最高でしょう。この超難しい世界情勢の中で、日本の位置を押し上げてるのは大したものと思います。これを非難するなら、どういった状態になったら評価出来るのか示しもらいたいです。まさか、全て国と友好関係状態とかポエムみたいな状態を想定してるなら、政治音痴としか言えません。随分と独りよがりの質問ですね。 内容は一方的で、自分が嫌いな方?を悪者に仕立て上げ非難し、挙句には敵対していると煽ってますね。 立憲民主党や共産党などの政党勢力には、「仲良く」以外に主張するものが無いのです。また、主張口先ばかりだけで、それを実行する気などはありません。 実行する手段も無く、能力自体ありません。 非現実的な主張で、与党を批判するのが野党の仕事です。それを実現出来ると大真面目と受け取っているのが、貴方です。 仲良くは、相互理解がスタートです。どちらか片方に対し、仲良くしろ、という状態で実現するものではありません。 少なくとも、貴方の質問の内容の状態で、『仲良く』は実現不可能だと思います。ずっと、低姿勢でしてきた結果が、韓国の上から目線とか、河野談話とかにつながっていることがわかりませんか?河野談話も韓国に騙されたんですよ。あと、同盟国なのにロックオン、レーダー照射とか平気でうそをつきます。信用できません。低姿勢でいると日本を貶めて、国を弱体化させるだけです。韓国中国ロシアがジャイアンで日本はのび太の状態。のび太もいい加減に堪忍袋が切れて、もう付き合ってられないというところです。ずっと国益を失ってきました。安倍首相はアメリカともおそらく、ホワイト国外したのも了解の連携とっているはずです。それだけ、他国からみても韓国の被害妄想は異常というわけです。小さい時の教育で日本人は悪いと教えられてたら、ちょっとしたことで爆発します。あなたは、韓国人は悪い人間、中国は悪い人間て、学校の先生から教えられましたか?憲法9条も改定しないと非常に怖いと思いますよ。戦争放棄を宣言しているってのは、どんなことでも戦えない自衛権はありだというのは解釈でなっているだけです。日本が攻撃されたら、相手の国も攻撃するのは当然、領海侵入されたら、撃沈するのは当たり前なのに。日本はできない。何もできない、弱い国である憲法9条が戦争を起こすと思います。ボクシングのライバルと戦っても手がなければ負けるの当たり前な話です。あなたは、あなたと関わる全ての方と仲よくできていますか?お隣さんや、お向かいさん、会社の同僚や上司や部下、それらすべてと同等に仲良くできていますか?まずはそこから考えてみてください。国同志の付き合いとなれば、まずは自国の国益が大事です。その国益を無視してまで仲よくする必要がありますか?隣人があなたの家の敷地に勝手に車を止めたり、倉庫を作ったらどう思いますか?あなたはそこを隣人にあげますか?たまに、竹島なんてくれてやればいいとか、尖閣諸島はくれてやればいいなんていう人がいますが、そういうことですよ。あなたはどう思いますか?そう考えると、共産党は論外として、立民なんて有無を言わさずアウトです。そんな非現実的な政策が国際関係で通用するわけがありません。普通に考えましょう。1948年の韓国の建国時代は韓国より北朝鮮の方が裕福だったのです。さらに、1950年から始まった朝鮮戦争は実質的に韓国の領土内で戦闘が行われたため、韓国の国内は貧困に際していたのです。初代大統領の李承晩は「貧困は日本に財産を奪われたため」と国民に教育し、さらに国内の労働党シンパのパルチザン掃討で国民を虐殺したことを国民の目からそらすために「反日教育」を行ったのです。そのために、韓国誕生以来、日本と敵対するのは「韓国の基本姿勢」になったのです。ハッキリ言えば「韓国のわがまま」ですから、過去に日本は幼児をあやすように「わかった、わかった」と言ってやり過ごしてきました。しかし、その場しのぎでは韓国の要求がエスカレートするばかりなので、「ダメなものはダメ」と明確に返答したのが今回の輸出規制正確には輸出規制ではありませんがなのです。安倍政権は当たり前の行動を行っています。「補足について」立憲民主党や共産党などの政党勢力は自党の存続のために、安倍政権攻撃だけが行動原理になっています。国民の生活などに興味はないのです。「主張すること」自体が各党の存続意義になっているのです。馬鹿か。国際関係に「仲よく」などという幼稚な概念が通用するものか。国際関係は各国の都合と都合のすり合わせであり、特に民主主義国家においては、自国民に利することが「正義」であり、他国のために自国民の利益を犠牲にするのは悪とさえいえる。こんなことはまともに実社会でビジネスをしてる人間には自明の理で、ビジネス社会もその原則で動いている。そんな主張をするのは公務員とか教師とかクソマスコミとか、まともに実社会で戦ってない人間だけでしょう。もしくは全く仕事のできないお荷物社員か。日本は仲良くしたくても相手があるでしょう?相手が強欲で言う事がおかしいと、貿易などできません韓国は対馬も韓国の物とか言ってるし中国は南シナ海の島占領して軍事拠点化日本が悪いのではなく相手がおかしいのです朝鮮民族との決別を考えているだけでそれ以外は良好ですけど?つまり向こう側の要求自動車関税など様々な日本にとっての悪条件をのんで仲良くし、日本に衰退してほしいという小学生の感想文かな?向こうが仲良くする気がないだけですよ。反社会勢力と仲良くすれば?、DV夫と仲良くすれば?、ストーカーと仲良くすれば?仲良くすればなんていう空論で国際関係は理解出来ないんでしょうけどw平和ボケな質問だね。ホルムズ海峡で日本のタンカーが攻撃されたのも安倍政権の責任と言うんでしょうね。軍備の急激な拡大をして、尖閣諸島沿海の支配を強める中国や、革命的に国を変革して、日本に敵対する韓国の政策が安倍政権に何の責任があるというんでしょう?日本安倍政権は守備的に対峙しているだけです。

  • 肌の乾燥対策 の線なんですけど保湿の量だったり物を変えた
  • よよこ~について の生徒はまるっきり違います
  • わずか1分 右の子の前髪の感想を教えてください
  • Cry&Feel liveの危なかっしい計画で最
  • //www 啓汰暇だったらこれ見て


  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です