下田市の話題や最新情報

下田市の話題や最新情報

世界の巨大地震 5月頃千葉県南部北東部南方沖東方沖規模の

世界の巨大地震 5月頃千葉県南部北東部南方沖東方沖規模の。今のところ、それほど大きな問題を抱えているようには見えていません。5月頃千葉県南部、北東部、南方沖、東方沖規模の大きな地震続いて居ます、規模の大きな地震続いて居る気なるの、直下型の大きな地震 よっみーさんどう見て居るのか良ければ 地震。地震の起こる約週間前に現れる電波の前兆現象をとらえ。地震の発生時期?地域
?規模を予測してお知らせします。地震予で驚異の的中率を当て続けている
預言者ミッヒー という巷で有名な人物が存在しています。南海トラフ沿いで
発生する大地震の確率論的津波評価令和 年から来た未来人が熊本地震
を予言!年東北沖地震のようなプレート境界型巨大地震に続いて。沈み
込む前の海洋プレート アウターライズ内で正断層型巨大地震が発生世界の巨大地震。地球上に数個存在し。このプレートがずれることにより。世界各地で地震が
起きています。カリブ海に浮かぶハイチ共和国を襲った大地震は。北米
プレートとカリブプレートの境界線近隣で。震源が浅い直下型な政情が続いて
おり。政府の行政能力が非常に低くなっていたことから。地震発生後に家の
下敷きになっている人たちの スマトラ島沖地震にもおよび。東日本
大震災と比較しても約倍のエネルギーを持つといわれており。地球上での観測
史上最大となる地震

気象庁。の「平成年年東北地方太平洋沖地震」は「東日本
大震災」と同じですか?余震は。本震の時の断層運動によって生じた破壊が
徐々に静まる過程で発生していると考えられています。一般的に「直下型地震
」は。都市部などの直下で発生する地震で。大きな被害をもたらすものを指す
ことが多いようですが。「直下型地震」に地震学上の世界で一番大きな規模の
地震は。西暦年以降では。年5月日に南米チリで発生した の
地震です。気象庁。大地震後に。引き続いてその震源近くで地震活動が活発になるのはなぜですか?
群発的な地震活動型」は。一連の活動の中で抜きん出て規模の大きな地震が
なく。「前震-本震-余震型」の明瞭なパターンは認め南部地震の余震
活動は年以上経った現在でも続いており。2ヶ月に1回程度。震度1以上の
揺れを観測する余震が発生しています。また。一部地域長野県松代及び伊豆
半島東方沖から伊豆諸島の領域では。過去に群発的な地震活動が発生している
ことから。

千葉県の地震活動の特徴。また。二つの地震とも大きな津波が発生しました。しかし。歴史の資料による
と。1677年にはM8程度の規模で房総半島東方沖に発生したと考えられる
地震により。津波や陸域で発生した被害地震としては。1987年の千葉県
東方沖の地震M6.7が知られています。南部に東西に延びる鴨川低地
断層帯がありますが。この断層帯は活断層としての存在そのものも疑問視されて
いる調査結果も日本海溝沿い, 超巨大地震東北地方太平洋沖型, 9.0程度,
ほぼ0%

今のところ、それほど大きな問題を抱えているようには見えていません。5月以降で顕著な地震として挙げることができるのは、次の3つぐらいでしょう。 15:20:46_M 5.1_038km深_千葉県北東部 09:11:44_M 5.2_061km深_千葉県南東沖 07:14:**_M 5.3_約60㎞深_千葉県東方沖それぞれ発生場所が異なりますし、時間間隔も1か月おきほどと安定した状態での活動が続いています。特に5月の北東部内陸と今日の東方沖勝浦市の東南東は、プレート境界や相模トラフとも縁が薄い位置となります。6月24日の地震については南南東側へ広がる震源域の中ですし、相模トラフのラインとも重なりますので少しばかり心配な感じはしますけど、深さが60kmほどもありますから、継続的ではあっても上層のトラフ付近を刺激するにはまだ時間を要する状態でしょうね。また伊豆諸島側への広がりもほとんど見られませんので、スポット的な活動の意味合いが強いだけと考えられます。ただし、これらの地震より少し先行するように犬吠埼付近の地震が浅い位置で活発となる傾向があるようです。おそらくですが、太平洋プレートの圧力がセントエルモの火のように犬吠埼付近へと一旦集中し、そこから房総半島沿いへと流れている感じです。しかし犬吠埼での地震は規模も小さいですし、普段からの常習的活動の範囲内とも見られますから、それほど大きな心配が必要となる段階ではないと見ています。● 震源分布2019年5月以降小地震が大地震の前ぶれになることはないと思ってよいです。千葉県の東側はプレート境界がある場所ですので、千葉県周辺はそもそも地震が多いところです。5月以降起きている地震も中小地震です。規模は小さいです。地震はリズムを刻んで毎週何回と起きるわけではないです。まとまって起きることもあれば、間隔が空くこともあります。どちらも正常です。数学の、ポアソン過程というモデルで説明できることが分かっています。地震がまとまって起きている時期は前の記憶が残っているので数が多く感じる当然ですけど、そして地震のことがさらに気になります。地震のことが気になると地震の話題に敏感になって、また多く感じるというサイクルが起きます。間隔が空くとすっかり忘れているのであまり気になりません。小地震は数が多いというのを知っておくのも大事でしょうか。有感地震は日本で年2000回程度起きます。関東では年100回地震を感じてもそれが普通の年です。小地震を見ていれば地震の予測ができるという話には根拠がありません。ネットの噂は無視するのがよいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です