下田市の話題や最新情報

下田市の話題や最新情報

お客様の声 以上の3曲のようなどちらか言う幻想的な静かめ

お客様の声 以上の3曲のようなどちらか言う幻想的な静かめ。いわゆるケルト風の音楽ですね。音楽、中でbgmついての質問 現在、作業用bgmハマっておりまて、中で「あ、bgm聞いてて心地よい気分なれる 」感じるジャンル(言えるのかどうかわかりません)あるの、ネットで探てなかなか見つない為、皆さんのご助力頂きたい思い、質問させていただきます ジャンルついての説明、具体例出た方わかりやすい思ので、幾つか具体例出て説明ます 自信、俗言うアニメオタクであり、知っているbgm偏り見られます、bgm自体美いbgmなので是非聞いて頂きたい アニメ「聖剣使いの禁呪詠唱?のbgm、「01 World Break Prologue 」https://youtu be/9uW1rwCKy5M アニメ「デート?ア?ライブ」のbgm、「Seirei」https://youtu be/hVfKuCgAKws (YouTubeのリンク貼っておきます) 知名度ある物で言ったらののけ姫の米良美一さん歌っていらっゃる曲近いかれません 以上の3曲のような、どちらか言う幻想的な、静かめの雰囲気、高音のオペラ歌手のような女性の心地よい歌声てマッチているいう感じ(表現下手で申訳ない )のbgm探て ちろんbgmのジャンル(例えば、あるゲームの曲でたり、クラシック曲だったり )問いません ジャズ?ディーヴァ。の女性ジャズ?シンガー作品にスポットを当てた「ジャズ?ディーヴァ
」特集。すでにオリジナル特典は。先着で未発表ライヴ音源曲
入り-に決定!!キュートな歌声とルックスで魅了するカナダの新星ジャズ?
シンガー。バーブラ?リカのデビュー?アルバム。静かなるスピリチュア
リティ。全体的な雰囲気としては。前々作の 『
』に近い作風でしょうか。ポップなアレンジに透明感のある
歌声がマッチ

[音楽]の記事一覧。藤倉大さんの「アルマゲドンの夢」は。新国がヨーロッパの第一線のオペラ
ハウスと肩を並べた画期的な公演でしたし。オーケストラは舞台上で。オケの
手前にいくつか段差が設けられ。歌手はその上を行き来して演技します。
いわゆる「ワーグナーソプラノ」を想像すると多少華奢な声ですが。儚いエルザ
の役作りには相応しかったように感じます。女性二人の「明暗」「善悪」が
はっきりしているこのオペラ例えば「タンホイザー」の二人の女性より
コントラストがあるのお客様の声。歳以上?女性代?女性 ☆子供をつれて。本格的なコンサートに来
られて幸せに思いました。オルガンとトランペットの相性の良さに私はパイプ
オルガンがすごく好きで。子供が今才でピアノを習っているので。すてきな音楽
にふれさせたく。発表会月日日です。年もパイプオルガンの催し
をはじめ。プラバ音楽祭等プラバホールの情報をお届けしてまいり期待に違わ
ず素晴らしいコンサートで。私ひとりのために演奏していただいているようで
した。

熟成する歌声森谷真理。どのようにして彼女はオペラ歌手の道を選び。日本を代表するアーティストに
なったのか。これは当時。ヨーロッパの歌劇場を中心に歌っていた森谷さんが
最初に東京で大きく注目を集めた公演だっそれにしても《ルル》のような音楽
は。とても覚えにくいのではないでしょうか。超高音のコロラトゥーラの役
から。かなりドラマチックな役まで。その後のオペラ歌手としての活動も。
どちらかというといつも自分が渦中に放り込まれている。という気分でまるで春の女神。その出会いの衝撃を。鈴木は歌のヒロインになりきり演じているように届けて
くれ。まさにオペラアリアの趣。から。いきなり恋を打ち明けられた二重唱に
続いて。初々しい初恋の喜びととまどいを歌うアリアで。鈴木の清楚な雰囲気に
楽曲がベストマッチ。後半にはコロラトゥーラソプラノならではの。軽やかに
転がるような高音の魅力が満ちあふれる。素晴らしい歌唱になった。

いわゆるケルト風の音楽ですね。魔法ファンタジー系の映画やゲームのBGMによく使われています。ポピュラー音楽ですが、アイルランドあたりの伝統音楽のテイストを取り入れたものです。動画を探す場合は celtic music とか celtic song といったワードで検索してみて下さい。もしくは epic music とか。すると、このような動画がヒットします。また有名なアーティストとしてはアディエマスAdiemusケルティック?ウーマンCeltic WomanエンヤEnyaなどがいます。日本語で検索しても少ししかヒットしませんので、英語表記で検索して下さい。せっかくクラシック音楽のカテゴリで質問されたので、これらのルーツと言えそうな古い音楽も一つ挙げてみます。有名な『グリーンスリーヴス』。ルネサンス期ごろのイギリスの民謡です。この動画ではルネサンス時代のスタイルを再現して、リュート伴奏で歌っています。”どちらかと言うと幻想的な、静かめの雰囲気に、高音のオペラ歌手のような女性の心地よい歌声がとてもマッチしている。”……という感じをご希望のようですが。女声ではないけど、こんなのは如何?どれも、特にクリスマスになると、どこかで掛かっているように思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です